家族や会社にバレずに債務整理は可能か?

債務整理の場合、一番気になるのは、勤め先や家族にバレることです。できれば、誰にも知られずに債務整理をしたいですよね。ただし、債務整理といっても、段階によっては全くバレない場合と、絶対にバレる場合があります。どんな債務整理がバレずにできるのか、また、どの段階ではバレてしまうのかについてご紹介します。

 

○任意整理はまずバレる心配なし!

 

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きで、裁判所は関与しません。
必要になる書類も身分証明書だけなので会社に発行してもらう書類もなければ、家族から必要になる書類も印鑑もありません。過払い金交渉もこの中に、含まれます。プライバシーを最大限に守ってもらえるので、バレる心配はまずありません。任意整理は借金の解決方法として、一番自由度が高い解決方法ですので、バレる心配がほとんどない解決方法といえます。過去に消費者金融を利用した方のほとんどが、過払い金が発生している可能性が高く、この任意整理で借金を減額したり、払い過ぎている利息がかえってくることもあるので、誰にも知られずに今よりもゆとりある生活を送ることができます。

 

○個人再生は家族や会社にバレるのか?

 

個人再生の場合は、結婚していて、配偶者が働いている場合は、配偶者の給与明細や源泉徴収票が必要になります。ですから、配偶者にバレないように源泉徴収票などの書類を持ち出せればいいですが、どこにあるかわからない場合は、配偶者から借りる際に言い訳をうまく考えなくてはいけませんが、たいていはバレてしまうでしょう。また、会社勤務の場合は、退職金額が分かる書類が必要になりますので、書類をもらう際に言い訳を考えないと、バレてしまいます。

 

○自己破産はバレる?

 

家族がいる場合は、財産を家を含めて全て没収されてしまいますから、家族はもちろん、会社にもバレてしまいます。ただし、独身の方で特に財産がないのであれば、バレない場合もあります。
ですが、自己破産は最終手段ですから、バレるバレない已然の問題です。

 

借金の状況によって変わりますが、任意整理ですむ場合は、ほとんどバレずに借金の問題を解決できます。
まずは、バレるかバレないかを気にする前に、司法書士や弁護士の専門家に、自分の借金の状況を診断してもらい、一番ベストな方法で借金の問題を解決してもらいましょう。