債務整理における弁護士と司法書士の違いは?

借金の問題で、どんなところに相談すればいいか悩むかと思います。そのときに、よく、違いがわからないのが、借金問題の専門家、司法書士と、弁護士です。債務整理において、司法書士と弁護士とでは、どういった違いがあるのでしょうか。その違いについてわかりやすく説明します。

 

○司法書士は、任意整理はできる!

 

司法書士は、認定司法書士であれば、任意整理を行うことができます。任意整理の手続きはかなり複雑で、自分で行うことはまず専門の知識がなければできません。司法書士は、任意整理といって、お金を借りた相手に自分と変わって交渉をしてくれます。ただし、司法書士が行える任意整理には限度があり、依頼者が任意整理によって、得られる利益が140万円以内と決められています。したがって、過払い金の請求をしたときに、140万円を超える支払いが発生した場合は、司法書士に依頼していると、司法書士はその時点で代理人の資格は失われます。その場合は、自分で手続きを行うか、弁護士に依頼するか、もしくは、損をしてしまいますが、140万円以内の返還になるか、とかなり損をしてしまいます。
司法書士の方が弁護士よりも費用が安く、頼みやすいイメージですが、自分が払いすぎた利息を一度、無料相談し、どれくらい返ってくるのか判断して、司法書士か弁護士かどちらにするかを決めてもいいかもしれません。

 

○司法書士は、個人再生、自己破産の手続きはできない!

 

借金の額が大きいほど、返還が厳しくなり、任意整理では対応できなくなります。そういった場合は、個人再生や自己破産になります。
ですが、司法書士には簡易裁判所の代理権しかありません。したがって裁判所が関係している時点で、司法書士は手が出せません。
個人再生や自己破産では、裁判所の手続きが必要となるため、弁護士しか対応できないのです。したがって、個人再生や自己破産をしたほうがいい場合は、始めから、弁護士に相談しましょう。
無料相談をして、自分の借金の問題は任意整理がいいのか、それとも、個人再生、自己破産なのか、診断してもらわないとわかりません。まずは診断してもらってから、司法書士に依頼するか、弁護士に依頼するかを決めましょう。