債務整理すると元金のみの支払いで済むって本当?

債務整理をすると、借金の減額ができるだけだと思っている方がいますが、債務整理のメリットはそれだけではありません。というのも、返済が元本のみの支払いで済む可能性があるからです。もし元本だけの支払いになるなら、とっても生活が楽になりますよね。でもどうして、元本だけの支払いで済むのか、その理由についてご紹介します。

 

○債務整理すると、元本のみの支払いになる理由とは?

 

いわゆる消費者金融、サラ金とよばれるキャッシング会社はかつて、違法な利息で、お金を貸していました。そのため、借金を返しても返しても、返済できずに、やっと最近になって返済できるようになったという人もいます。しかし、これは、違法であり、違法な利息は支払う必要はありません。さらに、債務整理を依頼すると、一度、借金の返済はストップします。本来は支払わないと、将来支払うはずであった利息や延滞遅延金が発生しますが、債務整理を行っているときは、将来支払うはずであった利息や延滞遅延金を支払う必要はありません。

 

○債務整理が完了したら、元本だけの支払いで済む!

 

司法書士や弁護士によって、交渉が行われると、違法な利息で支払っていた場合は、元本だけの支払いですみます。今まで利息しか払えていない状況を考えると、かなりメリットがあるかと思います。中には今まで返済してきた額が元本を超えていれば、払いすぎている利息が返ってくることもあります。

 

○だから、まずは相談するべき!

 

最近では違法な利息でお金を貸す業者が減ったものの、まだまだ、特に借金の問題を抱えている人ほど、そういった業者からお金を借りている可能性が高いです。したがって、債務整理で、元本のみの支払いで済んでよかった!と実家している人も多いようです。ですから、自分には過払い金がないのか、債務整理の相談してみましょう。元本だけの支払いなら、かなり快適な生活を送ることができます。自分でも過払い金を請求することはできなくもないですが、専門の知識と債務者との交渉術が、いくら借金を減額できるかのキーポイントとなります。したがって、場数を踏んでいる専門家に相談して、交渉してもらうほうが、元本だけの支払いで済んだ!よいう人が多いのです。法律事務所や司法書士事務所には、無料で借金のトラブルを相談しているところがあります。
ぜひ、法律事務所の無料相談などがあるので、利用してみましょう。